ワルシャワのどこでショパンの音楽を聴けるか、チェックしましょう

「ショパンと彼のヨーロッパ」国際音楽祭

「ショパンと彼のヨーロッパ」国際音楽祭は... 見せる

「ショパンと彼のヨーロッパ」国際音楽祭は、クラシックと現代音楽のファンにとって魅力溢れるイベントです。国立ショパン研究所の主催で2005年からワルシャワで開催されているこの音楽祭では、毎回趣向を凝らしたテーマを掲げます。このイベントにはポーランド国内、そして全世界の優れたアーティストたちが参加します

Teatr Wielki - Polish National Opera, National Philharmonic, Concert Studio of Polish Radio
もっと知りましょう 隠す

Chopin live concerts in Warsaw Archdiocese Museum

The concerts are giv... 見せる

The concerts are given daily by professional pianists, virtuosos, who have performed in many countries around the world. The acoustics of the concert hall is excellent, which makes listening of the recital comfortable.

Dean's Palace, the Old Town, Dziekania 1 street, Warsaw
もっと知りましょう 隠す

ショパン「パースデー・コンサート」

3月1日は家族と友達がショパンの誕生日を... 見せる

3月1日は家族と友達がショパンの誕生日を祝いました。ですからこの日に「ポーランドラジオ放送局(ヴィトルド・ルトスワフスキコンサート・スタジオ)」と「ワルシャワ・フィル」でフレデリック・ショパンのパースデー・コンサートを行います。その演奏会には偉大な作曲家ショパンの音楽を見事に表現するアーティストたちが招かれます

ポーランドラジオ放送局(ヴィトルド・ルトスワフスキコンサート・スタジオ)及びワルシャワ国立フィルハーモニー(コンサート・ホール)
もっと知りましょう 隠す

CHOPIN POINT – 日々のショパンリサイタル

ピアノコンサート 毎日午後7時開演 毎日... 見せる

ピアノコンサート

毎日午後7時開演

毎日、ワルシャワの中心にあるショパンと深い縁を持つ場所にて彼の音楽を楽しめるコンサートが開催されます。クラクフ郊外通り62番地にあるこの会場でショパンが13歳の時にワルシャワ慈善会に招かれて演奏しました。

彼が通っていたサロンに似たようなこの会場を訪れるとその雰囲気の中でリラックスしながら、ショパンのことをもっと身近に知ることができるでしょう。

ご来場のお客様のために、優秀なピアニストの演奏を楽しむ前に味わえるポーランドの伝統的なお酒をご用意いたします。

Krakowskie Przedmiescie 62
もっと知りましょう 隠す

Time for Chopin ― 日々のショパンリサイタル

ワルシャワ旧市街-Krakowskie ... 見せる

ワルシャワ旧市街-Krakowskie Przedmiescie通りを越えると見えてくる、特別な場所― 秀でたピアニストたちが奏でるフレデリックショパンの音楽 毎日行われているこのリサイタルは、王宮のすぐそばにあるZPAF(ポーランド写真アー ティスト協会)の古い画廊にて聴くことができます。 この魅力的な場所がコンサート会場に選ばれたのは、偶然ではありません―約200年前、最も名高いポーランドの作曲家が、この近辺で日々の散策を楽しんでいたことに縁由して
いるのです。

この画廊では、ショパンコンサートだけでなく、ポーランド内外のアーティストによる写
真の展覧を楽しむことができます。

王宮広場8番地 (Plac Zamkowy 8)
もっと知りましょう 隠す

毎日のピアノ・コンサート

Smolna通りのショパン・サロンで、ポ... 見せる

Smolna通りのショパン・サロンで、ポーランドで最も優れた作曲家ショパンのコンサートが毎日行われています。ワルシャワの中心でワインを飲みながら、そして上等なケーキを食べながら、ショパンとその他の優れた作曲家の音楽を楽しむことができます。演奏者は世界レベルのピアニストたちで、Steinway and Sonsのピアノでコンサートを行います。

ショパン・サロン ワルシャワ Smolna通り14/6 郵便番号
もっと知りましょう 隠す

「“Mr. ショパン” スタシツ宮殿での音楽サロン」 コンサート・シリーズ 

上等な音楽を大切に思う方は、スタシツ宮殿... 見せる

上等な音楽を大切に思う方は、スタシツ宮殿でのコンサートを聴くために今年9月から翌年6月までの毎月最終週の月曜日を空けておかなければなりません。宮殿の「鏡の間」で素晴らしいアーティストたちがショパンとその他の優れた作曲家の作品を演奏します

スタシツ宮殿
もっと知りましょう 隠す

1st International Chopin Competition on Period Instruments

On the anniversary o... 見せる

On the anniversary of Poland’s regaining of independence,The Fryderyk Chopin Institute, in collaboration with Polish Television and Polish Radio, is organizing the 1st International Chopin Competition on Period Instruments.

This is an  event of extraordinary character. The Competition participants will be pianists from all over the world. They will have at their disposal period pianos from the collections of The Fryderyk Chopin Institute (Erards from 1838, 1849 and 1858; Pleyels from 1846 and 1854; and a Broadwood from 1843), originals and copies of period instruments.

Grand Theatre, Polish Radio Studio, Holly Cross Church
もっと知りましょう 隠す

「クラコフスキェ・プシェドミェシチェ通りのショパン」フェスティバル

「クラコフスキェ・プシェドミェシチェ通り... 見せる

「クラコフスキェ・プシェドミェシチェ通りのショパン」フェスティバルは今年で7回目を迎えます。ジグムント3世のモニュメントの下で、またフーヴァー広場のステージで、優秀な若手ピアニストが偉大なる作曲家ショパンのクラシックな曲を演奏します。この2つのステージが設けられる場所は決して偶然ではありません。それらはフレデリック・ショパンの青春時代と関係の深い場所なのです。ジグムント3世のモニュメントの下のステージはワルシャワ音楽院があった場所の近くに、そしてフーヴァー広場のステージは若き作曲家ショパンが初めてのコンサートを開いたレス・サクラ・ミゼル教会(Res Sacra Miser)の隣に設けられます。

プログラム

ジグムント3世の像の下で、フーヴァー広場のサマー・ステージで、そして ボレスワフ・プルスの像の前で(Karowa通り)
もっと知りましょう 隠す

ショパンからグレツキまで

オーストラリア、インドネシア、クエートと... 見せる

オーストラリア、インドネシア、クエートとイスラエルにも、全世界にショパンの愛好家がいます。そして毎年数十人がワルシャワに集まり「ショパンからグレツキまで」の音楽コースとフェスティバルに参加します。夏休み期間中の十数日間にわたり、若いピアニストたちが著名な教授に指導を受けて勉強するのです。その成果をこの無料の演奏会で聴くことができます

入場無料

ワルシャワ音楽大学・ショパン・アカデミーのコンサート・ホール Okólnik通り2番 入場無料
隠す

フレデリック・ショパン国際アマチュア・ピアニスト・コンクール

ショパンの作品で表現力を競うのはプロのピ... 見せる

ショパンの作品で表現力を競うのはプロのピアニストだけではありません。2009年から3年毎にフレデリック・ショパン国際アマチュア・ピアニスト・コンクールが開催されています。主催者と評論家の共通意見によると「参加者はハイレベルで、プロとアマチュアの差は‟その他にも収入源がある”ことだけ」だそうです

主催。ショパン協会

入場無料

ワルシャワ 音楽大学・ショパン・アカデミー
もっと知りましょう 隠す

ショパン国際ピアノ・コンクールの予選

ショパン国際ピアノ・コンクールに参加する... 見せる

ショパン国際ピアノ・コンクールに参加するために予選を通過しなければなりません。2015年には全世界から160人のピアニストが参加し、モバイルアプリによって全ての予選の演奏をオンラインで聴くことができました

ワルシャワ国立フィルハーモニー(室内音楽ホール)
もっと知りましょう 隠す

ショパンの命日追悼コンサート

毎年10月17日、つまりショパンの命日に... 見せる

毎年10月17日、つまりショパンの命日には作曲家の葬儀を連想させるコンサートが行われています。ショパンの希望通り、その時にはモーツァルトの「|レクイエム(鎮魂曲)」が演奏されました。ショパンの心臓が安置されている聖十字架教会でも同じ曲が演奏されます。

聖十字架教会
もっと知りましょう 隠す

ショパン国際ピアノ・コンクール

1927年から5年毎に、ショパン国際ピア... 見せる

1927年から5年毎に、ショパン国際ピアノ・コンクールで競うために全世界から有能なピアニストがワルシャワに集まります。この素晴らしいイベントの創案者は著名なピアニストかつ教師であったイエジ・ジュラヴレフでした。彼はこの偉大な作曲家ショパンの音楽を普及したかったのです。

このコンクールは優勝者の世界的な活躍やその威信によって、常に人気を集めています。

ワルシャワ国立フィルハーモニー
もっと知りましょう 隠す

ショパン 「パースデー・コンサート」フェスティバル

ショパンの正確な出生日はまだ決まってませ... 見せる

ショパンの正確な出生日はまだ決まってません。資料には1810年2月22日か3月1日と記録されています。ですから偉大な作曲家ショパンの誕生日を8日間にわたって祝うことにします。コンサートホールやクラブやレストランや街中ではフェスティバルが開催されます。またクラシックだけではなく,フォークやジャズや子供向けの音楽も披露されます

ワルシャワ
もっと知りましょう 隠す
これも見ましょう
[contact-form-7 id="4052" title="Formularz Kontaktowy EN"]
x