ワルシャワのどこでショパンの音楽を聴けるか、チェックしましょう

第18回 フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール

1927年より5年毎にワルシャワには世界... 見せる

1927年より5年毎にワルシャワには世界中の優秀なピアニストたちが集まり、フレデリック・ショパン国際ピアノコンクールで競います。このコンクールはポーランド最大の音楽イベントでありながら、世界的に最も重要な音楽イベントの一つでもあります。そしてその名高い評判や優勝者の世界的な活躍によって、このコンクールは根強い人気があります。

またショパン音楽の普及への多大なる貢献はもちろん、才能あるピアニストが発掘され、若き音楽家にとって国際的な活躍のスタートが約束される場でもあります。

コンクール以外にも幾つかの記念コンサートや集会やパネルディスカッションや展示会など、それに関連する様々なイベントが開催されます。またコンクールはラジオやテレビで放送され、ライブストリーミングやソーシャル・ネットワークや専用アプリで見ることができます。

第18回 フレデリック・ショパン国際ピアノコンクールの審査員は世界的なピアニストや音楽界の巨匠や著名な指導者たちです。そして彼らは今後数十年に亘り音楽界を担う人を選びます。

ワルシャワ国立フィルハーモニー Filharmonia Narodowa
もっと知りましょう 隠す

CHOPIN POINT – 日々のショパンリサイタル

ピアノコンサート 毎日午後7時開演 毎日... 見せる

ピアノコンサート

毎日午後7時開演

毎日、ワルシャワの中心にあるショパンと深い縁を持つ場所にて彼の音楽を楽しめるコンサートが開催されます。クラクフ郊外通り62番地にあるこの会場でショパンが13歳の時にワルシャワ慈善会に招かれて演奏しました。

彼が通っていたサロンに似たようなこの会場を訪れるとその雰囲気の中でリラックスしながら、ショパンのことをもっと身近に知ることができるでしょう。

ご来場のお客様のために、優秀なピアニストの演奏を楽しむ前に味わえるポーランドの伝統的なお酒をご用意いたします。

Krakowskie Przedmiescie 62
もっと知りましょう 隠す

新世界 ショパン・サロン デイリー・コンサート

練習曲やノクターンやマズルカなど、毎日1... 見せる

練習曲やノクターンやマズルカなど、毎日17時00分からNew World Salonで楽しむことができます。共催はスモルナ協会とオトファルティ・ディアログ財団とフレデリック・ショパン協会です。「毎日のショパンコンサートが、ポーランド人と長い間ショパンと同じように亡命生活をおくる外国人との対話の機会となることを期待します」とオトファルティ・ディアログ財団のトマシ・チュブァラは語っています

ワルシャワNowy Swiat通り63番
もっと知りましょう 隠す

Time for Chopin ― 日々のショパンリサイタル

ワルシャワ旧市街-Krakowskie ... 見せる

ワルシャワ旧市街-Krakowskie Przedmiescie通りを越えると見えてくる、特別な場所― 秀でたピアニストたちが奏でるフレデリックショパンの音楽 毎日行われているこのリサイタルは、王宮のすぐそばにあるZPAF(ポーランド写真アー ティスト協会)の古い画廊にて聴くことができます。 この魅力的な場所がコンサート会場に選ばれたのは、偶然ではありません―約200年前、最も名高いポーランドの作曲家が、この近辺で日々の散策を楽しんでいたことに縁由して
いるのです。

この画廊では、ショパンコンサートだけでなく、ポーランド内外のアーティストによる写
真の展覧を楽しむことができます。

王宮広場8番地 (Plac Zamkowy 8)
もっと知りましょう 隠す

Chopin live concerts in Warsaw Archdiocese Museum

The concerts are giv... 見せる

The concerts are given daily by professional pianists, virtuosos, who have performed in many countries around the world. The acoustics of the concert hall is excellent, which makes listening of the recital comfortable.

Dean's Palace, the Old Town, Dziekania 1 street, Warsaw
もっと知りましょう 隠す

ショパン・サロン 毎日のピアノ・コンサート

Smolna通りのショパン・サロンで、ポ... 見せる

Smolna通りのショパン・サロンで、ポーランドで最も優れた作曲家ショパンのコンサートが毎日行われています。ワルシャワの中心でワインを飲みながら、そして上等なケーキを食べながら、ショパンとその他の優れた作曲家の音楽を楽しむことができます。演奏者は世界レベルのピアニストたちで、Steinway and Sonsのピアノでコンサートを行います。

ショパン・サロン ワルシャワ Smolna通り14/6 郵便番号
もっと知りましょう 隠す

「ショパンの夜」 詩と音楽のフェスティバル

同じ時間に5つのステージで、「全ポーラン... 見せる

同じ時間に5つのステージで、「全ポーランド 詩のショパン・コンクール」で優秀賞に輝いた詩の朗読とピアノリサイタルが始まります。その全ての作品に、オルギェルド・ウカシェビッチ氏による詩人ノルヴィドの「ショパンのピアノ」の詩の朗読がインスピレーションを与えます。また演出はフカロル・ラジボノビッチ、ペテル・ヤブオンスキ、ズビグニェフ・ラウボ、エバ・レスチンスカなどによって行われます。正式な開演式は聖十字バジリカ教会で18時に始まります。また他のリサイタルは、ヴィジトキ教会、Nowy Świat Muzykiコンサートホール、スタシツ宮殿、 Braci Jabłkowskichデパートで開催されます。

入場無料

Bazylika Św. Krzyża
もっと知りましょう 隠す

誕生日のコンサート

ショパンの正確な出生日はまだ決まってませ... 見せる

ショパンの正確な出生日はまだ決まってません。資料には1810年2月22日か3月1日と記録されています。偉大な作曲家の生誕記念コンサートは今までは8日間でしたが、今年は9日間も祝うことができます。

クラシック音楽やジャズ音楽のコンサート、およびダンスやファッションや料理の分野を含むワルシャワの独立したフェスティバルに、このような最も興味深いものの一つが誕生しました。リディア・グリフトウブナ、マレック・ブラハ、カロリナ・ナドルスカ、ブオデック・パブリック、マリア・マルケーズ・トッレス、ヤロスワフ・ボベレック、ヘルマン・ペルバックなどが出演します。さらに今年のショパン国際ピアノコンクールの候補者であるアダム・ミコワイ・ゴズジェフスキ、アンナ・ハイドゥック・リンコビッチ、石井敏貴(イシイトシキ)およびドミニク・ステンピンスキなども出演します。コンサートの後には毎日20時30分よりアフターパーティーがあります。

全イベント参加無料

ワルシャワ (Nowy Świat Muzyki) 
もっと知りましょう 隠す

フレデリック・ショパン生誕210年アニバーサリーコンサート

特別な室内楽演奏会 Alena Baev... 見せる

特別な室内楽演奏会

Alena Baeva(アレナ・バエバ)=バイオリン

Piotr Szumieł (ピオトル・シュミェウ)=ビオラ

Alexander Rudin (アレクサンデル・ルディン)=チェロ

Vadym Kholodenko (ヴァディム・クホロデンコ)=ピアノ

プログラム:

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 K.478

フレデリック・ショパン:ピアノ三重奏曲ト短調作品8

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第7番 変ロ長調 作品97

国立フィルハーモニー (Filharmonia Narodowa)
もっと知りましょう 隠す

ワジェンキ公園でのショパンコンサート

50年も前からショパンの像の下でショパン... 見せる

50年も前からショパンの像の下でショパンコンサートが開かれています。5月中旬から9月末までの毎週日曜日の正午と午後3時に、素晴らしいピアニストたちによる演奏会が行われています。このコンサートはワルシャワ市民そして観光客の間で人気があり、木陰に身を寄せながらクラシックを楽しむ特別な機会です

ワルシャワ ワジェンキ公園で野ショパンコンサート
もっと知りましょう 隠す

ジェラゾバ・ボラでのショパン・ピアノ・コンサート

静かな場所でそして特別な雰囲気の中でショ... 見せる

静かな場所でそして特別な雰囲気の中でショパンが作曲した音楽を聞くことのできる特別な機会です。コンサートはジェラゾバ・ボラのショパンの生家で開催されています。野外コンサートですがピアニストは生家の部屋の中でピアノを弾き、観客は公園内でその演奏を聴くことができます。主に国際ショパンコンクールの参加者及び入賞者が演奏しています。リサイタルは5月から9月までの毎週日曜日の12時からと15時から開催されています

ジェラゾバ・ボラでの
もっと知りましょう 隠す

「ショパンと彼のヨーロッパ」国際音楽祭

「ショパンと彼のヨーロッパ」国際音楽祭は... 見せる

「ショパンと彼のヨーロッパ」国際音楽祭は、クラシックと現代音楽のファンにとって魅力溢れるイベントです。国立ショパン研究所の主催で2005年からワルシャワで開催されているこの音楽祭では、毎回趣向を凝らしたテーマを掲げます。このイベントにはポーランド国内、そして全世界の優れたアーティストたちが参加します

Teatr Wielki - Polish National Opera, National Philharmonic, Concert Studio of Polish Radio
もっと知りましょう 隠す

“PANショパン”スタシツ宮殿での音楽サロンコンサート・シリーズ

上等な音楽を大切に思う方は、スタシツ宮殿... 見せる

上等な音楽を大切に思う方は、スタシツ宮殿でのコンサートを聴くために今年9月から翌年6月までの毎月最終週の月曜日を空けておかなければなりません。宮殿の「鏡の間」で素晴らしいアーティストたちがショパンとその他の優れた作曲家の作品を演奏します

スタシツ宮殿
もっと知りましょう 隠す

ショパンの命日追悼コンサート

毎年10月17日、つまりショパンの命日に... 見せる

毎年10月17日、つまりショパンの命日には作曲家の葬儀を連想させるコンサートが行われています。ショパンの希望通り、その時にはモーツァルトの「|レクイエム(鎮魂曲)」が演奏されました。ショパンの心臓が安置されている聖十字架教会でも同じ曲が演奏されます。

聖十字架教会
もっと知りましょう 隠す

ポーランド全国ショパン・ピアノ・コンクール

ポーランドの優れた若いピアニストたちが参... 見せる

ポーランドの優れた若いピアニストたちが参加する、最も歴史が古いポーランド国内のピアノコンクールです。その課題曲はショパンの作品ですが、高度なテクニックと幅広い表現力が求められるその他の作曲家の作品を演奏することもあります。このコンクールの際立つ入賞者は、ヤヌシ・オレイニチャクやクリスチャン・ツィメルマンとラファウ・ブレハチです

ワルシャワ国立フィルハーモニー
もっと知りましょう 隠す

フレデリック・ショパン国際アマチュア・ピアニスト・コンクール

ショパンの作品で表現力を競うのはプロのピ... 見せる

ショパンの作品で表現力を競うのはプロのピアニストだけではありません。2009年から3年毎にフレデリック・ショパン国際アマチュア・ピアニスト・コンクールが開催されています。主催者と評論家の共通意見によると「参加者はハイレベルで、プロとアマチュアの差は‟その他にも収入源がある”ことだけ」だそうです

入場無料

ワルシャワ 音楽大学・ショパン・アカデミー
もっと知りましょう 隠す
これも見ましょう
[contact-form-7 id="4052" title="Formularz Kontaktowy EN"]
x